トラック事故と保険査定

トラック事故と保険査定

実際に考えたくない事ですが、現実に起こる可能性があるのが事故です。

 

たとえば、居眠り運転などトラックの事故も決して少ないとは言えません。

 

不測の事態に備えておく為にも、ここで例を挙げながらトラックの事故による対応と保険会社の査定を挙げてみましょう。

 

例えば、信号待ちをしていた営業車A、ここに運送会社のトラックBがわき見運転をしていた為に衝突、その弾みで営業車Aが別の車に衝突、という玉突き事故の場合です。

 

このわき見運転をしていたトラックBの運送会社は保険に加入しておらず、会社の経営がうまくいっていない為に車両や乗用車の修理代と治療代しか支払えない、といったケースがあるとしましょう。

 

このような場合にはどうすればよいでしょうか。

 

こういった加害者に困った事情があるケースの場合においても、被害者は加入している任意保険会社に任せるべきです。

 

そもそも自賠責保険でもできる範囲は確実にあるはずなのです。

 

任意保険会社に事故の全てを一任しておけば、車両や乗用車の治療代や慰謝料を賄って貰う事が可能となります。

 

加害者のトラックの運送会社にどんな事情があっても、被害者は加害者の運送会社と交渉しなくとも請求する事が可能になります。

 

しかし気を付けておく点もあります。たとえば、こういう事故では保険会社に査定してもらうと支払われる額が半減する場合があります。直接相手に交渉すれば全額修理代・治療代を受け取れる方法もあるという事も覚えておきましょう。

 

 

<< 中古トラック購入 | トラック買取 | 悪徳トラック買取業者 >>